2011年06月08日

酒毒って 舌の色で判断できる

P1020207.JPG

  よく酒を多め飲んだ方は自分の主に肝臓のことを心配しています。

  中医学では、酒は熱い、飲みすぎる場合、
  血液を蒸し、血液を傷つけ、瘀血が生じると理解しています。

  
  酒が血液を傷つけるという性質を酒毒(しゅどくと呼びます)という。

  酒毒がかなり溜まっている場合、
   舌が紫色になって腫れることが多い。
  自分の舌の状態を毎朝よくチェックしてくださいね。


  治療の場合、活血剤などだけで効果が弱く、
  酒毒を解毒する必要があります。ということです。
ご参考まで

posted by 董巍 at 21:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック