2012年01月29日

易経 太極は陰と陽

 易経の鉄則には、万物の根源である「陰」と「陽」の二つの側面が必ずあります。

 陽は、動いている、発散している要素を代表し、陰は、不動かつ収斂の要素を代表します。

 日本では、易経は占いと考えている方も多いそうですが、


 中国の文化は、易経の太極の発想から作られ発展してきたものだそうです。

 中医学はこの易経の鉄則を取り入れて、人間の生理機能、病理変化などを纏めて発展してきています。



http://tcm.ac
posted by 董巍 at 22:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際中医師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック