2012年02月08日

血虚の診断C 国際中医師


 複雑な臨床では、先の問題例で挙げた血虚の症状はごく一部に過ぎません。
中医学の学習について多くの相談があり、色々な「なぜ?なぜ?」があります。
特に印象に残る「まぜ?」は、講義では教えて頂いた内容が解っても臨床で中々生かせず、
問診で確認を忘れてしまったとか、
うまく聞き出すことができなかった、などなどがあります。
どうすればよいのでしょうか
結論として中医学の基本を身に付けていないのが原因だと思います。
中医学の基本概念を理解する訓練にやや欠けているのではないかと感じています。

http://tcm.ac
posted by 董巍 at 17:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際中医師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。