2012年02月10日

日本に来てびっくりしたことシリーズ @

 日本に来て、すでに22年になりました。来日したばかりの頃はびっくりすることばかりでしたが、特に記憶に残っていることをご紹介します。
それは、一人の患者が同じ漢方薬を何か月も飲み続けることです。

中国では、まず初めに一週間ほどの薬を服用してもらい、そこで何の効果も得られなければ、処方を見直します。
また患者の側も一週間服用して何の効果も感じることができなければ、担当医師を変えようとします。病気によって必ずしも該当しない場合もありますが、少なくとも日本のように何か月も同じ飲み続けることはあまり考えられません。

中医学の弁証論治では、一つの原則があります。
三日間で効かなかったら、薬が効かないということではなく、医者の判断に誤りがあったかどうか、もう一度診断して適切な処方をすることです。
http://tcm.ac
posted by 董巍 at 17:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際中医師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。