2011年06月06日

中医学テキストの作成 分かりやすいものにしたいです

P1010158.JPG少林寺劇場
  中医学のテキストを書いています。
  中医学基礎理論、診断学、また中薬学、方剤学、内科学です。

   30年前のテキストと参考書など、深く読むと、
   かなり感動させる内容が一杯あることに改めに気が付いたのです。
   でも三十年前に同じものを読んでも、なぜ分からなかったのかを疑問を持ち始めました。
 
  恐らく、その時代でテキストを評価するのは、作者たちの先生或いは同僚などです。
  生徒さんにとって、分かりやすいかどうかは関係していなかったのです。

  従って、私の学生時代にテキストの内容が非常に充実していますが、
  表現が難しく、省略が多く、中々分かりにくかった理由が分かりました。

  
  もう私は、自分の生徒たちにこのような苦い経験をさせたくない、もっと分かりやすく、
  生徒さんの学習効率を高められるような中医学テキストを作ろうという意味が
  ものすごく大きいと分かりました。

  テキストを書いている時、私は、いつも自分の学生の時の苦しい経験を頭の中でに浮かんでいながら
  最善を尽くしています。
  国際中医師アカデミーのオリジナルテキストは
  分かりやすく、概念が明確で、楽しく勉強できるというものにしたいです。
  
 
 
posted by 董巍 at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

鼻先が赤くなる 菅総理が大変疲れていますね

陽光燦爛の大自然陽光燦爛の大自然

  

 最近、テレビで菅総理は
 鼻先が赤く、疲れたような顔をしているのを見ました。
 色々な大変な仕事をなさって、大変疲れたことでしょうね。

 
 中医学では、
 鼻面(鼻先)が赤くなり、ニキビが多くできた場合

 脾胃に熱があるという印としてみています。

 その原因は
       ストレス、睡眠不足、食事の不摂生などにより、
       脾気が消耗され、消化機能が低下することです。
 
 脾は鼻の先の真ん中に、両側に胃に属するということです。

 脾胃が熱がある場合、鼻の先に赤くなることが多いということです。

 よく休んで、消化しやすいような食事をして、早く体調が回復して欲しいです。

 

posted by 董巍 at 14:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒龍中医薬大学日本校 校長 陳堅鷹先生と交流

P1020263.JPG 
左 陳堅鷹先生   二人は榛名にて楽しくしています。


今日は、黒龍中医薬大学日本校 校長 陳堅鷹先生と交流をしました。

 日本での中医学の教育などについて意見を交換しました。

 陳先生は、指針の療法を発明しました。

 指針とは、鍼を使わず、指で鍼に変わりにツボを刺激し、
 施術するという素晴らしい治療方法です。

 
posted by 董巍 at 00:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

 浮腫、疲れと美容などに刮沙の期待

P1000968.JPG瀋陽ホテルに滞在している記念写真 
  
   ある女性のの話です
  彼女は三十歳ぐらいで、金持ちになるために
  仕事に熱心で、一日十時間以上アルバイトをしています。
  ところが悩みがあります。
  それは、最近一年間で、疲れやすく、中々寝れなく、
  顔、足などはいつもパンパンほど浮腫んでいるそうです。

  以上の症状は仕事が終わって家に帰るときに

  強く感じています。
  最初に刮沙を夫にやってもらって、随分楽になりましたが、

  最近が刮沙が効かなくなったばかりではなく、
  顔の浮腫と艶がもっと悪くなったということです

  刮沙という治療法は経絡を疏通し、活血などの効果があり、
  刮沙はストレス、瘀血、気滞などの実証に適切な治療方法だそうです。


  でも、疲れた後に症状が酷くあるのは「体が弱い」体質の特徴を示めしています。

  弱い体質に属する気虚、血虚、腎虚などに向いていません

  中医学の理論に従って、刮沙の治療法を正しく生かして欲しいですね。

  
  
posted by 董巍 at 21:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

眼の周りで黒く、美しく見えるが、腎虚の印でもある

 
 P1000967.JPG

 眼の周りが黒く化粧する方がいます。美容の分野では、
 眼の周りを黒くなるのは美しいという判断があるみたいです。

 中医学では、眼の周りに黒くなる場合、

 腎虚と痰飲と水湿が留まるという病態を任指定しています。
 
 腎虚では、性ホルモンの分泌が低下し、腰痛、疲れやすい、骨が弱くなるなどの症状が見られます。

 腎虚が進めば、水の代謝が悪くなり、体の水が溜まり、水が濁って腐ってしまう(痰飲など)状態になり
 浮腫、頻尿、下利、痰を絡みやすいなどの症状が見られます。

 眼の周りに黒い現象に
 美容の分野出の認識は中医学との考え方とまったく違います。
 でも、間違いないのは、健康は美容の土台です。
 
 ご参考ください。
 次に刮沙(かっさ) の話をしたいです。
posted by 董巍 at 22:42| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

中医学の専門用語 肝気横逆という

P1010016.JPGギョーザ宴会→1皿は10元だそうです 

 肝気横逆(かんきおうぎゃく)の特徴は

 すごく怒ってから、急に胸とお腹などに脹痛、げっぷ、
 わき腹にも痛みなどの症状が現れるのです。

 横という意味は、元々ドアの下に敷いた横木を指すという。

 その後は、機序がない状態、乱す、混乱、という意味として使われるようになりました。

 従って、横という字を含む肝気横逆の意味は、

 肝臓の気が乱れて、全身の元気の流れを乱す状態として理解してもよいと思います。

 このような専門用語が多く、それぞれの文字の意味を生かされて

 独特の意味を持っています。文字の意味をよく理解できれば、
 中医学の理論への理解及び臨床の応用にかなり価値があると思います。
 ご参考まで
posted by 董巍 at 22:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

 顔色が白いのが良いのか 美白のチェックポイント 

 
遼寧中医薬大学の薬局.JPG遼寧中医薬大学の薬局

 誰でも美しい白い肌が望んでいるみたいです。
 
 美しい白い肌を美白といいます。

 白い肌では、健康な美白の肌もあれば、病気を反映する場合もあります。

 健康な美白という特徴は、肌が白く、透明感があり、艶が良いということです。

 病気を反映する白い肌は主に肺気虚と軽い冷え性です。

 肺気虚の特徴は、疲れやすい、汗が出やすい、風邪を引きやすい、息切れなどです。
 
 軽い冷え性の特徴は、疲れやすい、手足が冷え、寒さに弱い、下利しやすいなどです。
 
 化粧する前に、必ず、本来の姿をチェックしてくださいね。
 チェックポイントは艶があるか否かということです。艶がなければ、間違いなく、
 健康な美白ではないと判断できます。

posted by 董巍 at 23:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

整体概念 その中心 五つの系統 


 

中医学を勉強し始める時、まず、整体概念を触れます。
この整体とは、マッサージの整体という意味ではなく、
人体は一つの有機的な統一される機体で、
この統一性及び整体性は五臓を中心としています。
五臓は人体の五つの系統で、他の器官はこの五つの系統に包括されます。
この五つの系統は相互に応援し合い、抑えしあうなどの中で
体のバランスを守っています。

 五臓の其々の機能、特徴など、臓と臓の関係、臓と腑の関係など
 の勉強の中で、体の統一性の側面から見ると、恐らく新しい発見があると思います。
 
 このような発見があればあるほど、
 勉強がもっと楽しく、更に成長していきます。

瀋陽の一角.JPG瀋陽の一角

posted by 董巍 at 22:56| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

国際中医師アカデミーオープンまでの道のりA 学習システム

国際中医師アカデミーは中医学を教えるスクールがそろそろオープンできるようになりました。
中医学を学ぶ上で一番理解に苦しむところは
専門用語と中医学特有の独特な考え方です。
これらの解釈を誤り、または不完全な理解のまま学習を続けていくことで
中医学分野の迷路へと入ってしまいます。
例えば、中医学を勉強しても、なぜ処方した漢方薬が効かないのか、
またはなぜ効いているのかが分からなくなってしまいます。
「どうして分からないのかが分からない」という悪循環を引き起こします。
 今まで勉強に苦しい方でも、中医学をゼロから勉強したい方、
 ぜひ国際中医師を取りたい方でも、自分の努力を通じて、
 楽しく、深く広く中医学を学んでもらいたいので、
国際中医師アカデミーを作ろうと考えていました。
 最終目的は中医学が健康維持、病気の治療に役立つことです。
  国際中医師アカデミーの特徴は三つがあります。
 
 
1、順番の通りで勉強させます
 
知識の連続性を重要視し、5つの教科の順を追って学んでいきます。
 その順番は
【中医基礎理論】→【中医診断学】→【中薬学】→【方在学】→【内科学】です。 
 基本的に一つの教科を3ヶ月かけて学んでいき、15ヶ月の時間をかけて
 中医学の基本知識を身につけていきます。


 
2、オリジナルテキスト
 
国際中医師アカデミーのテキストは全ての中医学教育の基礎となる『第五版』を基に作成しています。
 日本人の文化的背景を考慮し中医学の分野を効率よく正確に理解できるよう
 新たに作ったオリジナルテキストです。
長い間中医学教育に携わって来た私の経験により、
 それぞれの分野で適材な人材の協力を得ながら作り上げたものです。
 
重点として、専門用語を分かりやすいように、弁証の考え方を各側面から説明しています。

 
3、テキストとインターネットの学習を併用する勉強システム
 
オリジナルテキストを通じて勉強させる上に、
 常に知識を深く、正確に身につけるために、学習分野を各章ごとに細かく分けています。
 テキスト学習で一通り中医学の分野を学んだ後は、
 インターネット学習を通じて各章ごとにテストを行います。
 この学習方法を繰り返すことにより、自身で理解の進歩の程を確認しながら
 一つずつ先へ進んで行くことが出来ます。
 各分野の順を追うごとに自然と中医学の知識を身に付いていくのです。
 
次回からはそれぞれの教科の中身を具体的にお話ししていきます。

untitled.JPG
posted by 董巍 at 22:56| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

脇痛 脾虚との関係 筋脈 加味逍遙散、小柴胡湯


  わき腹に痛いというのを「脇痛」という(きょうつうと呼びます)ことです。
  わき腹に痛く、或いは力を入れなく、いつも猫背の方がいます。
  無理に背筋を伸ばしても、2、3分間続かないということです。

  中医学では、肝臓の病気として治療することが多いです。
  例えば、逍遥散、加味逍遙散、小柴胡湯などを使います。

  治らない場合に、脾と関係するかも知れません。
  なぜですかというと、脾の筋脈もわき腹に繋がっています。

  中医学のテキストを書いている中で、
  新たに気が付かないものをたくさん発見しました。

  中医学の理論を深く広く理解しなければ、
  臨床でのミスを犯してしまうことが多く
  もっと怖いのは、ミスを犯しても、自分が分からないと痛感しています。
  ミスを犯す原因、どうすれば最小限までミスを抑えることができるか、
  漢方薬の使い方をもっと上手にできれば、患者にでもお医者にでも
  嬉しいことです。
  これは、私が中医学の教育に努力する原動力となっています。
  
P1020102.JPG五行お風呂の窓口の飾り

 
posted by 董巍 at 23:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

口内炎 タイプが多い4 胃熱上炎 黄連解毒湯


  胃熱上炎(いねつじょうえん)とは、胃の熱が口へ上がっているという意味です。

  原因は辛子、ニンニク、マスタード、カレー、お酒などを取りすぎるなどが多いです。
  例えば、
  今日は、みんなで楽しく一杯お酒を飲んで、翌日に口内炎が出てしまい、
  四川料理の代表としたマーボ豆腐を美味しく食べてから、口内炎が出てしまい、
  
  などです。

  胃熱上炎の特徴は急に口内炎が出て、潰瘍のところがかなり痛く、
  歯茎も腫れてしまう、喉渇き、水が欲しがってたくさん飲みたい、
  便が硬く、便秘などです。

  胃熱を治療する漢方薬は「黄連解毒湯」です。

P1010158.JPG少林寺ショーの劇場
  中医薬学と健康
posted by 董巍 at 23:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

口内炎 タイプが多く3 心腎不交 天王補心丹


  心腎不交(しんじんふこう)という専門用語があまり聞いたことがない方は
  いると思いますが、
  心腎不交というのは、心は腎との交流がうまく行っていないという意味です。

  心はその熱を下へ腎を暖めて、腎は自分の「水」を上に上昇させ心の熱を抑えるという

   バランス関係を心腎既済(しんじんきさい)といいます。
   この関係が崩れてしまうと、心の熱がどんどん燃えてしまい、腎の「水」がどんどん少なくなるのは
   心腎不交の病理特徴です。
   症状の特徴
    熱が燃える症状;手のひらと足の裏に嫌な熱感、寝汗が多く、
    寝つきがわるく、口内炎が舌の先に集中
    
    水不足の症状:腰を中心として疲れ、小便の回数が多く、
    小便が黄色っぽく、口が渇く、水が欲しがります

   この以上の症状が現れる場合に、
   天王補心丹(てんのうほしんたん)を服用してよいということです。

   天王補心丹は心の燃えすぎる熱を冷ましながら、心腎の「水」を増やします。

   この水は普通の水ではなく、
   元気が入っている特別な水で、身体を潤し、冷やす働きを持っています。
  
  次回で 胃熱上炎について話したいです。

   P1010178.JPG北京の環境が段々よくなっているみたいですね
 
posted by 董巍 at 23:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

口内炎 タイプが多い 2心脾両虚 帰脾湯


  心脾両虚(しんぴりょうきょ)とは
  心血不足と脾気不足の病証ということです。
  
  特徴として、疲れた後、不眠の後に口内炎が酷くなることが多いです。
  また、ストレスの後に、口内炎が酷くなります。

  その原因は、考えすぎです。主に人に自分のことを思われるか、
  気に入られるか、人気があるか、嫌われるか、応援してくれるかなどを想像しながら、
  気にして仕方がない。
  また、Aさんのことを嫌う、嫉妬するか、自分よりよくなっているかなどが
  頭の中一杯で他の事を考える余裕がなくなり、体のエネルギーを
  一杯消耗します。

  心血虚の症状が、不安、夢がよく見る、朝に起きて元気がない、
  眠気があるか寝つきが悪いなどです。

  脾気虚の症状は 
  よくため息、全身だるい、疲れやすい、大便不暢(下利、残便感)などの症状です。

  女性の場合、生理が早まり、出血量が多い、生理が中々終わらないなどの特徴があります。

  男性の場合、早漏、中折れ、甚だしい時にインポの症状も見られます。
  
  治療では、帰脾湯(きひとう)を飲んだ方がよいと思われます。

  次に心腎不交というタイプについて口内炎を話したいです。
 
P1010145.JPG2010年に世界中医薬連合会秘書長 李振吉先生と
                                会食会議の前に記念写真
posted by 董巍 at 23:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

口内炎 タイプが多い 1

  最近、このような相談がありました。
  
  口内炎が酷く、唇まで広がっているということです。

  漢方の治療を受けましたが、

  治らず、酷くなって本人が非常に苦しいということです。
  何かのいい方法があるかを聞かれていました。
  弁証ができなければ、方法はありません。
 
  なぜかというと、口内炎には、虚証もあれば、実証もあります。

  虚証に、心脾両虚、心腎不交が多いそうです。

  実証に、胃熱上炎、湿熱燻蒸が多いです。

  どっちなのかを判断しなければ、適切な治療ができません。

 
 次回で、心脾両虚について話したいです。


 P1020026.JPG
 遼寧中医薬大学では、エプソンのプリンだをよく使われています。
posted by 董巍 at 21:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

日本中医薬連合会理事会  国際中医師


  今日は、日本中医薬連合会理事会を開きました。
  理事は本間さん、能見さん、二階堂さん、私です。

  理事会では、今までの会の運営について反省すること、

  これから会の運営の方向性について真剣に話し合いました。

  この会は日本で中医学が皆さんの健康に役立つために

  頑張って行きたいです。

  P1020247.JPG品川プリンスホテル四川飯店にて
  
posted by 董巍 at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

疲れのクマの治療 百会穴 足三里穴

 
  中医学では、針灸の治療効果を高めるために、

  弁証の力と刺すという腕(運鍼術という)が必要だと考えています。

  どっちが重要かというと、両者が比べれば、
  前者が90%、後者は10%の関係があります。

  弁証ができなかったら、針の力を発揮できませんということを意味するのです。


  クマの原因では、痰湿、瘀血、気滞などの原因もあれば、精気不足もあります。

  房労からのクマなら、督脈を中心にして、
  陽明胃経をサブとして治療をする方がよいということです。

  督脈では、百会穴で補陽し、陽気を上昇させるのです。
  陽明胃経では、後天を補うことを通じて、先天の精気を補うのです。
  足三里穴を補うことで、いいということです。
  瀉法は禁じです。
 
  ご参考まで
 P1020074.JPG薬湯の治療室の入り口
 
posted by 董巍 at 23:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

疲れによるクマ 督脈との関係


  督脈(とくみゃく)は全身の陽気を集まるところです。
  脊髄を通って、大椎穴(だいついけつ)で
  色々な経絡と連接します。

  督脈は二つの枝があります。
  その中に一つは眼の真下に結びます。

  疲れる場合に、大量の陽気と精気が損傷されます。

  督脈にも影響をあたえます。
  陽気が足りなければ、陰気が散らさず、瘀血、痰湿などが
  寄ってきます。

  従って、疲れの後にクマがよく出てくるわけです。
  中医学では、この現象を過労といいます。

  過労は、性行為が多すぎる(房労ぼうろう)のに多く見れます。
  
  房労から早く回復させなければ、クマがずっと消えない
  恐れがあり、下瞼が浮腫んでくる可能性もあります。
  過労は美容の大敵です。

  次に 陽気不足に対して、ツボの選び方について
  話したいと思います。

P1020004.JPG
遼寧中医薬大学の中医康復センターのフロント

  
posted by 董巍 at 22:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

養心の方法 気血の流れ 精気 メリットなし


  憂鬱が身体に非常に悪いということは、
  体の気の流れと血液の流れが悪くさせる原因として
  考えられます。
  また、体の精気(体の生命力の源)を損います。
  憂鬱の予防と治療の方法では、

  養心にあります。

  
  養心の原則の一つは
  失敗しても自分に対しても、他人に対しても
  責めないことです。

  せめても問題を解決できません。
  それに気血の流れに相当に悪い影響を与えることを考えると

  憂鬱のメリットがまったくありません。    
  
 jujubetree1.jpg未成熟のナツメの写真 
posted by 董巍 at 23:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

田園と都会の憂鬱 その原因  心の病気 養心法


  社会の文化、科学技術がどんどん進んでいる中で、
  皆さんの生活レベルも高くなっています。

  でも、憂鬱の方がかえって多くなるということです。

  最近にある若者がいきなり「死にたい」とメールで書いています。

  原因はいろいろあり、人により、憂鬱の原因がちがいますが、

  共通点は心の病気ということです。

  なぜ、2千年前から今まで、生活が随分によくなってきましたのに、
  なぜ憂鬱という心の病気の発病率がかえって増えてきますか。

  日本では、有名な小説《田園の憂鬱》の中では、
  昔に不安と憂鬱に閉ざされた青年詩人のことを書いているそうです。
  また、同じく、現代の大都市でも、《都会の憂鬱》もあります。

  結局、年代も場所も関係せず、心の病気があります。

  中医学の養生方法では、一番目は心を養うという「養心法」です。
  ということは、憂鬱を予防したり、治療したりすることは
  自分の心にあります。「養心」をしましょうね。
P1010285.JPG中国東北の田園一角

    
posted by 董巍 at 22:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

玄米 黒胡麻 宿便と毒素の排出 ダイエットと美容と

 
  
ダイエットと美容の効果を高めるために

  食事制限だけではなく、宿便に出すことがもっと重要です。

  玄米と黒ゴマでお粥を作り、中国では人気が集まっています。
  お粥の名称は「大排毒粥」ということです。
  
  「大排毒粥」は
  宿便と身体に溜まっている毒素を排出する効果が非常によいそうです。
  毒素を出せば、肌の美容効果が出てきます。

  玄米は、脾胃を補いながら、濁気を下ろし、黒ゴマは補腎し大腸を潤す。
  ということは、身体を補いながら、宿便と毒素を排出するのです。
  ダイエットにでも、肌の乾燥、皺、シミにでも
  当然に効果があるはずです。

  このお粥の対象者は
  冷え性、体の虚弱です。熱がり、寝汗の方に向いていません。
  ぜひ気をつけてくだっさい。

  作り方と食べ方:
  玄米150g  黒ゴマ10g
  まず、玄米を40分煮てから黒ゴマを加え、5分−10分間で仕上げます。
  適当に砂糖を入れて溶かせば、毎日夜、一杯食べれるということです。

 ご参考ください。
P1020152.JPG冬虫夏草の培養工場の一角

posted by 董巍 at 22:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。